鍼灸院インタークロア

名古屋市名東区の鍼灸院インタークロア 鍼灸治療・美容鍼灸・自律神経の整体・カイロプラクティック・筋膜微刺激療法

rss

一般治療

美容メニュー

トップページ»  肌年齢のなぜ?

肌年齢のなぜ?

シワ・たるみの原因 


<年齢肌のサインである、「シワ・たるみ」の原因は何でしょうか?>
 

一言で「シワ・たるみ」と言っても、お肌の表面と奥とで別々の原因で起こります。
 

「小ジワ・はっきりしたシワ」はこうしてできます。
 

①コラーゲンが変化し始める。
年齢を重ねると血行が悪くなり、細胞に栄養が行き渡らないため、お肌を支えているコラーゲンが弱くなります。 また、紫外線を浴びてお肌に炎症が起きたり、ストレスなどで活性酸素が発生すると、コラーゲンが破壊されます。 さらに、加齢によりコラーゲン・エラスチンそのものが硬くなったりもろく壊れやすくなります。
 

②お肌が支えられずお肌表面がくぼむ。
血行不良、栄養不足などで、新しいコラーゲンが作られにくくなる一方、紫外線やストレスによりコラーゲンが破壊されるため新しいコラーゲンは減少していきます。 そのような状態のお肌はハリや弾力を失い「シーツの跡がなかなか消えない」などの症状をだしたりします。これが「シワ」の前兆です。
 

③くぼみが溝となり固まって「シワ」となる。
お肌を支える力が弱くなっているところへ、目元や口元の同じ部分に繰り返し力が加わり続けると、くぼみが深い溝となります。 お肌を押し上げる力も弱くなっているため、溝はそのまま固まり「シワ」となります。 さらに、お肌全体を支える力が弱くなっているため、お肌は重力に逆らえず、下へ下へとさがってます。これが「たるみ」にもつながります。
 


「乾燥ジワ」はこうしてできます。
 

①年齢を重ねると、お肌の力が衰え、水分を長い間保つことができなくなります。
また、加齢により皮脂膜やセラミドなどを作る力が弱くなると、潤いも奪われやすくなります。それは細胞の間にすき間ができたり、細胞内の水分が減るためです。さらに紫外線をあびて皮脂が酸化すると、炎症がおきてお肌がかさつき、乾燥への悪循環が生まれます。
 

お肌そのものが水分を保てず、水分も奪われやすくなってしまうためお肌の表面はごわつき、しぼんで細かな「乾燥ジワ」ができてしまうのです。


シワ・たるみの対策はこちら→

シワ・たるみの原因
 

しみ・くすみの原因


<年齢肌のサインである 「しみ・くすみ」の原因は何でしょうか?>
 

メラニンが過剰に作られると「しみ」になります。
 

「しみ」はこうして作られます。
①刺激を受けメラニンが作られる。
お肌が紫外線や炎症などの刺激をうけると、メラノサイトに「メラニンをつくれ」という指令が出されます。
一度刺激をうけると、メラニンは約2週間つくり続けられるといわれています。
 

③メラニンが残り「しみ」となる。
加齢により血行がわるくなると、細胞の隅々に栄養が行き渡らず細胞の生まれ変わる力が低下します。 すると、メラニンを含んだ細胞は肌の外へ押し出されず残ります。これがしみです。 できたしみに紫外線が当たるとさらに色が黒くなります。
 

 

< 「しみ」じゃないんだけど、なんだか肌がくすんで見える…その原因は? >
 

顔の血行が悪くなると肌が乾燥したり、角質が厚くなったりし、お肌がくすんで見えます。
 

「くすみ」はこうして作られます。
 

①肌表面の乾燥
加齢により、お肌の血行が悪くなると水分を保つ力が弱くなっていきます。カサつきでキメが乱れると、肌表面が不均一な凸凹になります。そうすると光が均一に反射せず、乱反射するためくすんで見えます。
 

②角質肥厚
加齢により、お肌の血行が悪くなると肌がきちんと生まれ変わろうとする力が低下します。そうすると古い角質ははがれにくくなり、厚くなります。(これが角質肥厚です。)お肌に透明感がなくなり、くすんで見えます。


しみ・くすみの対策はこちら→
鍼灸院インタークロア 愛知県名古屋市名東区よもぎ台